越谷市せんげん台駅から徒歩5分にあるキリスト教会

信徒の証し

  • HOME »
  • 信徒の証し

生死の間で体験したキリストの平安

 不安で不安で耐えられず、将来の希望が全く見えない大学受験生だった私は、一つの言葉と出会いました。
”いつも喜びにあふれていなさい。これこそキリストイエスに属するあなたがたに、神が望んでおられることだからです。”[テサロニケ人への手紙 第一 5章16-18節]
イエスに属する者になると、喜びにあふれて神の平安で生きられる。この聖書の約束からキリストを信じ生きている60代の男性です。
私は5年前に突然めまいと激しい胸の痛みで倒れ、その後に搬送された病院のストレッチャーの上で、主治医から「あなたは助からないかもしれない、直ちに手術しましょう」と言われ、これで死ぬかも…の思いの中で、何か安堵した希望に満たされている事に気付きました。生への諦めではなく「平安を与える計画であり、あなた方に将来と希望を与えるためのものだ」とのキリストの言葉を感じて、これは高校生のあの時感じた感覚。死を目前にしても、気を失うほどの痛みの中でもキリストの平安を体験し、今を生きています。
(60代 男性)

日曜学校で育まれた人を思いやる心と信仰

 私は二歳の時、初めて教会へ行きました。小さい頃はお母さんになんとなく連れられながらも、毎週日曜日をすごく楽しみにしていたのを覚えています。教会では友達もたくさんいて、夏にはみんなでキャンプへ行ったり、もちろん冬にはクリスマス会があり、みんなでお祈りしお祝いしました。教会で学べる事は、ただ祈り、聖書のお勉強をすることだけでなく、人との関わりや大人を敬うこと、困った時はみんなで助け合うことなど人間としての面もたくさん学ぶことがありました。
小学四年生の時、学校の友達に「イエス・キリストなんかいない」とバカにされ、悔しかった私は、次の日、聖書と十字架を持って学校へ行き、一生懸命にその子に聖書を読んであげたことを今でも覚えています。小さいながらに「自分の大切な人をバカにするな!」と思ったのだと思います。この出来事でさえも教会へ行っていたからこそ、自分に芽生えた大事な気持ちだと思います。
教会は、学校や普段は学べないことをたくさん学べる場でもあります。だからこそ、私は自分の子ども達と一緒にこれからも教会へ行き、いろんな人と出会い関わり、自分の信仰心を大切にしていきたいと思っています。そして、まだ教会へ来たことがない人たちと関わり、一緒に楽しく教会へ通えたらいいなと思っています。
(20代 女性)

神様は祈りに応えてくださるお方

 私は1978年に片柳福音自由教会で洗礼を受けました。初めて神様にふれたのは、近くで主婦3~4人で開かれていた家庭集会に参加してからです。そのうち集会所で夕拝が始まり、専任の牧師が与えられました。近くに教会が与えられるようにと皆で祈り始めて、2~3年後、片柳教会の援助によって土地を購入、プレハブ建ての礼拝堂牧師館が出来ました。神様のなさる業(わざ)を私たちに実際に目に見える形で現わして下さいました。
千間台キリスト教会に転入して27年、当時の木曜日の学び会の出席者は私だけでした。ある日の学びの時、大きな感動を受けたのを忘れません。全能の神様とは、私の思いの中にある神様より、はるかに高く、はるかに広く又深い、大きな大きな測り知れないお方であると気づきました。目の前がパァッと明るくなり、身が軽くなったような何とも言えない感動を覚えたのを忘れません。その神様が私を「あなたは、わたしの子」と言って下さる。とても嬉しくて心から感謝の祈りを捧げました。
-主を愛し、自分と同じように隣人を愛するように-
”私たちはみな、神の御子に対する信仰と知識において一つとなり、一人の成熟した大人となって、キリストの満ち満ちた身丈にまで達するのです。”[エペソ人への手紙 4章13節]
(70代 女性)

本当に大切なもの

 僕は、幸せです。何故なら主イエス・キリストがそばにいるからです。あなたは今幸せですか?大切なもののために生きていますか?
僕は、イエス・キリストとの出会いで家族や友人、恋人、会社の同僚に本当の愛をもって接することができるようになりました。牧師の口から語られる御言葉一つ一つは、現在の苦しい世の中でも生きていく悟りをくれます。
お蔭様で僕は大切なものが何かを知ることができました。僕の口からより、実際に教会に来てみませんか?共にこの苦しい時代から喜びを感じる御言葉を聞いて大切なものを守れる強い人間になりましょう。
(20代 男性)

ありのままの私を愛してくださる神様

 私は新潟県の高校を卒業後、神奈川県の看護学校に入学しました。親元を離れて青春を謳歌したいと思い、遠くの学校を選びました。ところが、そこで待ち受けていた生活は、高校時代よりもっとつまらないものでした。同じ敷地内に学校と寮があり、1部屋4人が一緒に暮らす寮生活でした。平日は学校と寮の往復だけで、土日は上級生も同級生もどこへ行くのかわかりませんが出掛けてしまい、自分だけぽつんと取り残された感じでした。親戚も近くにいないので出掛ける所もなく、すぐには親しい友人もできませんでした。その上に同級生達がとても立派に見え、劣等感に悩まされました。
そんな中で上級生にクリスチャンがいて、その方が家庭集会に誘ってくれました。若い人達10人くらいが集まり、ギターで賛美を歌い、聖書の話を聞き、お菓子を食べながら楽しくおしゃべりしました。そこでは、自分が歓迎されていることを感じ、自分もみんなの中に素直に入ることができました。間もなく、教会の礼拝や伝道集会にも参加するようになりました。
そして、ある集会の中でお祈りをしている時に、「今までつらかったね。もう頑張らなくてもいいんだよ。」と声なき声が聞こえ、優しく慰められたように感じました。涙があふれて止まりませんでした。その時から、私には何の取り得もないけれど、何物にも勝るイエス様が共にいて下さると信じることができて、私は劣等感から解放されました。
(60代 女性)

悪行の末、死の淵まで見た後に教えられた「生きる意味」

 私は以前、悪の道に染まり勝手な生き方をして、死の淵まで見た時に生きる意味を求めてこの教会にたどり着きました。しかし、答えは自分の意思で生きているのではなく、神様に生かされていると言う事実を知り受け入れました。
イエス様は愛であり、希望であり、光であり、真実の神様です。私は神様から頂いた音楽の賜物を活かし、私の全てをお捧げして賛美します。そして、私のような者にも生きる喜びを教えてくれたイエス様と教会に感謝します。主は素晴らしい方です。ハレルヤ。
(50代 男性)

イエス・キリストと出会ってからの日々~感謝と喜びに満ちた人生~

 ハレルヤ!これまで特別に幸せを感じることなく、不幸でもない、悲しく泣くこともなければ、そんなに笑うこともない…。これが普通で、平凡な人生なのだと諦めて(?)時の流れに身を任せて、一日一日を生きているだけの私でしたが、2年前にイエス様に出会ってからは感謝と喜びに満ちた日々を過ごしています。家族からも「見ていて幸せになるくらいウキウキして幸せそう」と言われるほどの変化です。
心の深~い所から湧き出る喜び。今まで感じたことのない、この世のものとは思えない喜びを感じながら、生き生きと生きているこの時間を与えてくださった神様に感謝します!
(50代 女性)

自分の力ではなく神様の力に頼る

 人から嫌なことを言われた時や人間関係がうまくいかない時、心の中に相手を許せない気持ちや怒りの感情が消えず、一人で疲れてしまう事があります。
聖書はこう書いてます。
”あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。”[ペテロの手紙第一 5章7節]
ですから祈りました。
「神様、人を赦せずにいる私の罪を赦してください。どうか私に問題を解決する知恵を与えてください」
すると、頭の中にイエス・キリストの十字架が浮かびました。
その時、私は神様から様々な恵みを受けていたこと、神様に感謝すべきことがたくさんあることを思い出しました。そして気がつけば、心の中の怒りの感情は消えてなくなり、平安が与えられていました
”すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。”[マタイの福音書 11章28節]
(40代 男性)

神様からいただいたGIFT

 2019年に千間台キリスト教会は30周年を迎えました。その30年間の間にご尽力いただいた海外からの宣教師の方々に、私たちはたくさん助けていただきました。何よりも「愛」というものを教えていただきました。慣れないこの異国で生活するのも大変な中、ご自分たちのことよりも神さまを知らない人たちが多いこの日本で働くことを決め、それを実行されている姿に私たちは「神様の弟子」というものの姿を見ました。
神様からいただいたGIFTはそれぞれ人によって違います。神様はそのGIFTをもらったままにしてはいけないよとおっしゃっています。そして自分の生活の中で私が与えたものを使いなさいとおっしゃっています。
私にどれだけのことができるかわかりませんが、神様から一日一日力をいただきながら、神様からいただいたものに感謝して従っていきたいと祈る毎日です。この教会で培われた思いです。
(女性)

お気軽にお問い合わせください TEL 048-978-1167 〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1-8-15

PAGETOP
Copyright © 千間台キリスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.