ゼカリヤ書4:1-14

この個所は、ゼカリヤ書の8つの幻の中で、五つ目です。

純金の燭台がありました。その燭台のそばには、二本のオリーブの木がありました。この二本のオリーブの木の管から油が注ぎだされ、燭台の火をともしていました。ゼカリヤは、このオリーブの二本の枝は何ですかと尋ねます。すると、これらは、全地の主のそばに立つ、二人の油注がれた者だと答えられます。その二人は、だれでしょうか。ゼルバベルと大祭司ヨシュアのことだとみなされます。

聖書では、油とは聖霊を意味する場合が多いです。燭台は、聖所の中であるもので、いつも灯されてありました。聖所の燭台に火が灯されるということは、70年前、国が滅ぼされると同時に神殿も崩され、礼拝が消え、主の臨在もありませんでした。その崩された神殿がもう一度回復されることを意味します。神殿が回復され、聖所の燭台の火が灯されるということは、神様の臨在と統治が再び始まると言うことでしょう。その証拠として、14節「全地の主」と表現しています。神様は全地を治める主です。神様によってえらばれたイスラエル、つまり、選ばれた主の民によって、この地に主の栄光が輝くのを見せてくださったのです。

私たちこそ、主の選ばれたイスラエルです。私たちを通して主の栄光が現されるべきです。その光を灯すためには油が必要です。オリーブの木から金の油が続けて注がれるように、私たちにも油が必要です。聖霊の助けが必要です。毎瞬間聖霊の助けを求めて祈りましょう。聖霊の助けなしには、私たちは生きられません。聖霊の助けによって、私たちは聖所の灯になり、この世を照らし、主の栄光を現す人生の歩みになることが出来るのです。

また、ゼカリヤは、御使いに続けて質問します。これは何ですかと。ある程度は知っているでしょうに、正確に知るために聞いているのです。謙遜な姿が見られます。求める者に知恵を与えられ、教えて下さいます。聖書に対して私たちは、聖霊の助けを求めるべきです。知ってると思う時にも、また、聞き、黙想し続ける時に、もっと深い奥義が悟られるでしょう。この助けの御言葉が6節7節です。かなり有名な御言葉です。大いなる山は神殿再建を妨げるものを意味しますが、この妨げるものがすべて平らにされると約束されます。

「恵みあれ、恵みあれと叫び声があがる」ように、私たちのすべての生活の隅々に主の恵みがあれと宣言しましょう。今日の一日も助けてくださる主の恵みを求めましょう。